天照庵モバイル

Jet Li(ジェット・リー/李連杰)のモバイルアイテム、待受けダウンロードetc…

ダニー・ザ・ドッグ / Danny The Dog

Posted by 空 on 2011年5月18日 with 4 Comments

ダニー・ザ・ドッグ

■ダニー・ザ・ドッグ / Danny The Dog

原題:Danny The Dog
中国題:不死狗
 

■製作・公開年

製作年度:2004年
製作国:フランス・アメリカ

日本公開:2005年6月25日
フランス公開:2004年9月
上映時間:103分
 

■作品紹介

ジェット・リーが【キス・オブ・ザ・ドラゴン】に続いてリュック・ベッソンと組んだ第2弾。
5歳の時に母親を失い、誘拐されて闘うだけの殺人マシーンとして育てらたダニー(ジェット・リー)が盲目のピアニスト・サム(モーガンフリーマン)と出会い、人間らしい心を取り戻してゆく愛と感動のアクション大作。
初めて目にするジェットリーの激しい暴力シーンと、首輪やボロボロの洋服、地下の牢獄のような部屋で廃人のように過ごす日々は非常に衝撃的。
暴力シーンで非暴力と真実の強さとは何かを訴えたかったと彼は語るが、同時に子供には観て欲しくないとコメントして話題になった作品。
 

■ストーリー

飼い主であるバートに首輪をはずされた瞬間、闘犬ダニーのスイッチがオンになる。何の感情も持たずに相手を傷つけ、暴力によって威圧するためだけの存在となるよう調教されたのだ。
圧倒的に強いダニーはバートに連れられて毎日、借金取りと恐喝の道具として使われ、用が済むと首輪をはめられ、暗い地下牢に閉じ込められる。
地下牢でのダニーは記憶も感情も言葉もなく、友達はボロボロになったサンドバック、そして誘拐された時に持っていたクマのぬいぐるみと母のぬくもりを唯一感じる事が出来る絵本のみ。
そんなある日、ダニーは古びた倉庫で偶然サムと出会い、ピアノを通して心を通わせていく。数日後ダニーとバートが乗った車が襲撃され、命からがら這い出したダニーはサムのもとへたどり着く。
サムに拾われ、回復したダニーはサムの娘ヴィクトリアと3人の暮らしの中で徐々に人間らしさを取り戻してゆくのだが、ダニーの本当の闘いはこれから始まるのであった・・・
 

■スタッフ&キャスト

監督:ルイ・レテリエ
制作:リュック・ベッソン, ジェット・リー
脚本:リュック・ベッソン
武術演出:ユエン・ウーピン

ジェット・リー (ダニー)
ダニー・ザ・ドッグ

ボブ・ホスキンス(バート)
ダニー・ザ・ドッグ

モーガン・フリーマン(サム)
ダニー・ザ・ドッグ

ケリー・コンドン(ヴィクトリア)
ダニー・ザ・ドッグ

ディラン・ブラウン(レフティー/バートの手下)
ダニー・ザ・ドッグ

ヴィンセント・リーガン(ラッフル/宝石商)
ダニー・ザ・ドッグ
 

■管理人コメント

◆名優サムおじさん
モーガン・フリーマンとジェット・リーが共演した事が未だに信じられない私です(殴)。。。モーガンさんは誰もが認める絶大な演技力で世界中の映画ファンを魅了し続けている映画界の重鎮☆彼がいるだけでダニーザ・ドッグのランクが2階級特進しています!(爆)
そして一流は一流を呼ぶ☆・・・モーガンの一流の演技は、ジェット・リーの超一流の動きを素晴らしく引き立てていたように思います。
サムと一緒に居る時のダニーはめちゃめちゃ可愛らしかったですね☆尋常でない乙女チックな仕草や上目遣いは劇場で失神するファンがでたほど!(うそです)
あんなに可愛くなつかれたら、もう手放せないでしょう。初めは出来ごころだったもかもしれませんが(笑)この笑顔は私だけのものだ☆という独占欲が、植木鉢事件へと・・・
 
◆バートおじさんの歪んだ愛
強烈な個性で変態おぢさんを演じてくださったバートの存在も印象的でした。普段はきっと面倒見のいい真面目な方なんでしょうね☆
5歳の時からどれだけの愛情を注いだのかを想像すると、ダニーに裏切られて逆上するバートの気持ちもわかります。。。どんなに歪んでいようと深く愛していたに違いありません。ダニーはバートの人生そのものだったのかもしれません。。。
ところで、マシンガンでハチの巣にされても生きていたバートが、植木鉢で昇天すると思います??(笑)今度はどんなダニー奪還作戦を仕掛けてくるのか楽しみだったりもします(期待☆)
 
◆モーツアルトとダニー
ピアノと音楽がステキな効果を生んだ作品でした。音楽と武術は共通点が多いのだと、連杰が語っているのを耳にした事がございます♪
音楽を聞いていたら自然と涙が出て来たという最後のシーンは本当に感動的でした。曲はダニーと母との思い出の曲、モーツアルトのピアノソナタ第11番第1楽章。ちなみに3楽章は、有名な「トルコ行進曲」です。
音楽は苦手・・と常々語っている連杰の一本指奏法は、あまりにリアルで微笑んでしまいましたが、中国武術で頂点を極めた彼と世界で最も美しい音楽といわれるモーツアルトの間には、空も大いに共通点を感じます。
 
◆首輪と監禁
守ってあげたい、母性本能くすぐられ度NO1のダニー♪身体は逞しい大人の男性なのに心は幼児・・・心身に大きな傷を受けて心を閉ざしてしまった少年・・・野獣のように凶暴で破壊的なのに繊細で美しい戦士・・・時折見せる極上の笑顔と愛らしいしぐさ・・・そして、初めて知った愛。
挙げたらきりがないほど萌えポイントが高いのに、ボロボロの衣装と痛々しい傷(首輪付)で転がり込んで来るのです。多分汚れ度合いは元甲樣や青雲樣よりも上!
そのまま監禁・飼育★もとい(汗)・・・保護・収容は避けられない摂理でしょう♪

4 Responses so far.

  1. ルカ より:

    こんばんは(^^)もうじき朝ですが・・・毎日楽しく立ち寄らせていただいております♪ここ数日はダニーchanのメイキングと本編交互の上映です、テレビを見なくなってしまい世間ずれ間近です。先ほど、お手軽にGooglでグラスゴーの芸術大学へ行ってまいりました!なんだかダニーchanが本当に現れそうで、ストリート見るだけでわくわくです(^∀^)いつかそこへ行ってバニラ食べたーいo(≧▽≦)o

    • より:

      ルカさん、朝まで覗いてくださったのですか!?ヽ(゚Д゚≡゚Д゚)/
      大丈夫です?翌日に支障はありませんか??(心配)
      空も夜更かしさんですが(汗)あまり無理なさらないでくださいね・・・
        
      空も世間様の情報には相当疎くなっておりますが(笑)
      おお!ロケ地へ遊びに行ったりも出来るんですね!
      それは、ヤった事がありませんでした・・
      いい事を教えていただきました!
      また新たな楽しみを開発できそうです♪(謝謝)
       
      近くにアイス屋さんがあるのかしらね(ワクワク)
      バニラまる飲みごっこしたいです♪(笑)

  2. ルカ より:

    空さん、連杰迷のみなさんこんばんは♪
    今日はまったくりんちぇ迷でない友達に“ダニー・ザ・ドッグ”を観てもらいました(#^.^#)
    もちろん、わたくしルカの監視付(-“-)

    そして、やっぱり友達にはダニー・ザ・ドッグ高評価!
    “HERO”のような、美しすぎるりんちぇ様よりも、ダニーchanのような哀愁漂う汚れたキャラがGOOD(^^)ρとのこと(笑)

    そして頼まれてもないのにメイキングまで見せ、ルカ我、知る限りの映画のエピソードを語り、ついでにマイブームのGoogle Earthでグラスゴーの学校まで見せちゃいました(^Ш^)
    りんちぇ様のこのサイト、天照庵やらついには空さんの愛あふれるりんちぇ様へのコメントも見せました!(コメント吹き替え:ルカ)

    思っていた以上に、友達にかなりの大ウケでルカ超HAPPY気分(〒∀〒)。。。。poyapoya悦
    まるで慈善活動したかのような(言い過ぎ??)

    ちょっとルカのりんちぇ様熱を理解してくれたようなので、
    とどめに・・・もとい。
    極めつけに、りんちぇ様の活動や信念のような、ツイッターで拾ったお言葉などを友達に話してみました、
    友達は「ジェット・リーを観る目が変わるな~♪」と言ってくれて、我がテンションはMAXにp(≧∀≦)q

    友達、我が家から帰る時にはりんちぇ様を「リー様」と呼んでました^^
    開花したかな(祝)

    • より:

      ルカさん、こんばんわー☆
      そうですか~~お友達さんに、ダニーちゃんは高評価を頂けたのですね!(祝)
      布教活動お疲れ様でございます!

      連杰は奥が深い男ですから、知れば知るほどハマリますよね。
      数ある連杰作品の中から、ダニーを選び(メイキング付)
      映画のエピソードを語りつつ、ロケ地へも訪れ、
       
      庵のエロコメントを紹介しつつ(笑)
      連杰の【我が家は地球、みんなが家族♪】という崇高な信念も紹介して・・
      もう、至れり尽くせりではございませんかっ!(*^▽^*)
       
      さすがルカさんです!先日チャットでお会いして感じたのですが、
      ルカさんの熱い語りで口説かれたら、それはお友達も落ちましょう♪(敬礼)
       
      連杰を理解して下さる方が増えると、嬉しいですね♪
      そしてお友達には、次にローグ様をみていただくのかしら?
      リー様のギャップに萌える事間違い無し!ですね(笑)

You must be logged in to post a comment.

Trackback URL :